本文へスキップ

家畜人工授精師/動物の仕事と資格

動物 仕事

動物のお仕事

ペットと動物の仕事HEADLINE


このサイトは、ペット・動物に興味があったり、大好きだったりして、『ペット・動物に関わる仕事がしたい』

『ペット・動物に関わる資格を取りたい』と思っている人達に役立つ内容にしました。

ペットとして飼われる動物だけではなく、様々な形でペットや動物に関わる『資格と仕事』を紹介しています。

家畜人工授精師



家畜の生産向上に尽くす

■仕事内容
開業か、農協職員として活躍 
家畜人工授精師は、都道府県知事の免許を受けて家畜(牛、馬、豚、めん羊、山羊)の人工授精または受精卵の移植(牛)を行うのが仕事である。おもな職業としては、牛、豚を対象に開業するか、農協などの職員として活躍するチャンスが多い。


■取得方法
講習修了後、修業試験に合格 
農林水産大臣の指定する大学、または都道府県が開催する家畜の種類別に行う(1)家畜人工授精に関する講習会、(2)家畜人工授精及び家畜体内受精卵移植に関する講習会、(3)家畜人工授精ならびに家畜体内受精卵移植及び家畜体外受精卵移植に関する講習会、のいずれかを修了後、修業試験に合格し、申請すれば免許を得られる。
なお、獣医師は、この免許を受けなくても、家畜人工受精、家畜体内受精卵移植及び家畜体外受精卵移植の業務を行うことができる。また、畜産学部系の大学・短大で単位を履修している場合には、一部科目の受講免除が認められる。


■詳細情報
受験資格: 特に制限なし
講習会受講料: 20,000円程度から
受講時間: (1)140時間 (2)264時間 (3)292時間
試験科目: (1)は学科66時間(畜産概論、家畜の栄養、家畜の飼養管理、家畜の育種、関連法規、生殖器解剖、繁殖生理、精子生理、種付けの理論、人工授精)、実習74時間(家畜の飼養管理、家畜の審査、生殖器解剖、発情鑑定、精液精子検査法、人工授精)
(2)は学科114時間((1)の学科+体内受精卵移植概論、受精卵の生理及び形態、体内受精卵の処理、受精卵の移植)、実習150時間((1)の実習、体内受精卵の処理、受精卵の移植)
(3)は学科121時間((2)の学科、体外受精卵移植概論、体外受精卵の生産など)、実習171時間((2)の実習、体外受精卵の生産)
試験地・受験料: 各都道府県ごとに設置する
合格率: 約90%(都道府県ごとに異なる)



■問い合わせ先
各都道府県の畜産課


コンテンツ一覧


愛玩動物飼養管理士 アニマル・ヘルス・テクニシャン キャット・グルーミング・スペシャリスト コンパニオン・ドッグ・トレーナー 
JKC公認トリマー ドッグ・グルーミング・スペシャリスト 
認定ペットシッター 盲導犬訓練士 家畜人工授精師 初生雛鑑別師 
獣医師 ハンドラー ブリーダー ペットロス・パラカウンセラー 
聴導犬訓練士 災害救助犬訓練士 実験動物技術師 厩務員
乗馬養育インストラクター 動物園・水族館飼育係 鵜匠 
鷹匠 ハンター
鷹匠の仕事